花粉症の治療方法

花粉症の治療

花粉症を始めとするアレルギー疾患全体に言えることですが、アレルギー症状というのは悪化すればするほど、治療法が限られてきて、かつ薬も効きづらくなってしまいます。

ですから、なるべく症状が軽いうちに、早期の治療を行うことが大切になってきます。

症状がまだそれほど進行していなければ、鼻粘膜の炎症も微小です。

そのため、薬などでその炎症を抑えやすいのです。花粉症を早期に治療することが、やはり大事だということです。

いろいろな治療方法

ひとえに花粉症の治療、といってもそれにはいろいろな種類があります。

ここでは、それを紹介していきたいと思います。

まず大別すると、抗アレルギー薬を服用するものと、ステロイドを使うものがあります。

さらに細かくみていきます。

  • ステロイド投与
  • ステロイド注射
  • 抗ヒスタミン薬
  • レーザー治療
  • 減感作療法
  • 民間療法

などがあります。

抗ヒスタミン薬の投与は、ステロイド使用に比べると即効性に欠けます。

そのため、花粉が飛散する前に、投与しておくことが大事になります。

即効性という意味では申しぶんないですが、ステロイドは副作用の心配があります。

使用を薦められたとしても、充分に考えるようにしましょう。

抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬の使用は最もポピュラーな花粉症治療ではないでしょうか。

これは、ヒスタミンの作用を抑えるものです。

それにより、花粉症の症状である、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、といったものを抑制していくのです。

あまりに症状が悪化した状態では効果が出にくいのがこの治療法です。

抗ヒスタミン薬には数時間で効果が出る第一次抗ヒスタミン薬。数日服用し続けて効果が出る第二次抗ヒスタミン薬があります。

第一次抗ヒスタミン薬は薬局に行けば手に入れることができます。第二次抗ヒスタミン薬は病院に行き、処方箋をもらう必要があります。

抗ヒスタミン薬はアルコールと一緒に摂取すると、効果がですぎる特徴があります。

お酒と一緒に服用するのは避けるようにしましょう。


詳細はコチラ

↑くしゃみや鼻水が特にひどいという方に「えぞ式すーすー茶」がおすすめ!