花粉症の症状

特徴

花粉症の症状というのは概ね決まっています。それは、目のかゆみ、鼻水、鼻づまり、くしゃみです。

花粉が飛散し始めてまもない頃は、目のかゆみ、鼻水、くしゃみなどが主に起こります。

そして花粉が飛散し終える頃になって、鼻づまりが起こるケースが多いです。

花粉症になるとその症状のわずらわしさからストレスが溜まり、いらいらしたり、集中力が散漫になったりと、いろいろな影響を及ぼします。

花粉とは本来、人体にとって有害なものではないと話しました。

つまり、花粉を有害なものだと身体の免疫機能が誤解してしまうことにより、花粉症は発症するのです。

アレルギー体質の人というのは、この花粉を有害だと判断する機能が、より過剰だと言うことができます。

そして花粉の侵入をキャッチすると、体内でヒスタミンが発生します。

このヒスタミンが神経を刺激して、涙や鼻水を発生させます。体内に侵入した花粉を除去しようとする働きです。さらにくしゃみなどを発生させます。

これが花粉症の症状が発生するシステムになっています。

花粉症とアレルゲン

花粉症のアレルゲンとはつまり花粉です。

このアレルゲンと花粉症の人が接触すると、数時間以内に症状が現れます。

アレルゲンが飛散している時期において、この発症のプロセスが繰り返されます。

そして、飛散時期を過ぎると、沈静化していく傾向にあります。

花粉症というのは、きわめて風邪や喘息に酷似した症状をみせることもあります。

それこそ花粉症によって喘息が起こることもあります。さらに便秘など、消化に問題が起こることもあるのです。偏頭痛が生じることもあります。

さらにシラカバ花粉症やハンノキ花粉症、ブタクサ花粉症などでは、他のアレルギー症状を引き起こすリスクも懸念されます。

それは果物過敏症です。

まともに果物を食べられなくなってしまいますから、これらの花粉症患者は特に注意が必要です。

さらに花粉症と、他のダニやハウスダストなどをアレルゲンとする症状との見分けが難しいのも問題の1つです。


詳細はコチラ

↑くしゃみや鼻水が特にひどいという方に「えぞ式すーすー茶」がおすすめ!