スギの特徴

スギ

日本の花粉症の方の約8割が、このスギ花粉症であると言われています。

まさに日本を代表する花粉症が、スギ花粉症であるというわけです。

スギはスギ科の常緑針葉樹です。南は屋久島から北は東北地方まで幅広く分布しています。

平地や丘陵地帯の林や森で多くみることができます。樹高は30m以上の高いものも多いです。

スギは加工しやすい木材として、古くから重宝されてきました。

角材や板状に加工され、広く家具や電柱や建材などに用いられてきました。

さらに樹皮は丈夫なので屋根材として利用されたり、葉は線香に用いられたりと、まったく無駄がありません。

このスギは、ほとんどが植林されたものなのです。

スギ花粉症

スギ花粉というのは、そもそも身体に有害な物質というわけではありません。

すなわち、スギ花粉を吸い込んだところで、身体に不利益はないのです。

そのため、スギ林の近くで生活していても、何も問題ない人も大勢います。

すなわち、スギ花粉症というのはスギ花粉に対する誤認です。

身体の免疫機能がスギ花粉を悪いものだと誤解して、それから防衛するために、鼻水やくしゃみなどのアレルギー症状を引き起こすのです。

花粉の飛散量

スギ花粉の飛散量が、夏の気象と関係があることがわかってきました。

というのも、その夏の日光量が多く、さらに降水量少ない場合、翌春の花粉飛散量が増えるというものです。

ですから、夏の気象条件に気を配ることが、スギ花粉症の方には必要なことだと言えます。

症状

スギ花粉症の方は30~40代が多いです。さらに、関東により多くのスギが植林されている関係上、やはり関東にスギ花粉症の人が多いです。

症状としては、目の異常を訴える人が多いのが特徴です。目のかゆみがその主たる内容です。

花粉の飛散時期は、九州など南では2月上旬、関東では2月下旬、東北では3月中旬となっています。

飛散時期に該当していても、飛散量は日によって大きな隔たりがあります。

特に雨の日の翌日、乾燥してよく晴れている日は注意が必要です。


詳細はコチラ

↑くしゃみや鼻水が特にひどいという方に「えぞ式すーすー茶」がおすすめ!