シラカバとハンノキの特徴

シラカバ

シラカバはカバノキ科の樹木です。北海道を始め、本州の高原にも広く分布しています。

花粉の飛散時期は3~6月となっています。北海道では少し遅く、4~6月です。

ハンノキと並んで、北海道では最も代表的な花粉症として有名です。

シラカバは雪国を彷彿とさせるような、美麗な白い肌で覆われています。

そのため、特に北海道では街中でもたくさん、このシラカバを見ることができます。

北海道の多くの市で、市を代表する木として認定しているほどです。これほど北海道にふさわしい木は他にないかもしれません。

ただ、それが花粉症の主要な原因となっていることも事実です。

北海道での花粉症患者は、このシラカバ花粉症かハンノキ花粉症のどちらかと言えるくらい、とても多いのです。

さらに問題なのは、シラカバ花粉症と同時に、食物アレルギー症状、すなわち果物過敏症を引き起こすケースが多いということです。

シラカバ花粉症の人の実に半数以上が、この果物過敏症でもあるのです。

りんごやサクランボ、メロンなど、あらゆる果物に対してアレルギー症状を引き起こしてしまうのが、この果物過敏症の厄介なところです。

生で食べた場合にのみアレルギー症状が出る場合も多いです。そういうときは、熱処理することで果物過敏症を回避することもできます。

なぜシラカバ花粉症と果物過敏症が同時に起こってしまうのか、ですが、これはシラカバ花粉のたんぱく質と、当該果物のたんぱく質の構造が、よく似ているためだと言われています。

ハンノキ

ハンノキはカバノキ科の樹木です。日本各地に点在しています。

ただし、ハンノキ花粉症の多くは北海道、あるいは神戸の六甲山付近で起こっています。

ハンノキはあぜ道など湿地帯に生えることが多いです。花粉の飛散時期は1~4月。まさに春先に躍動する花粉です。

この飛散時期はスギ花粉とかぶります。そのため、スギ花粉症と間違える人が多いのが特徴です。

特に北海道では、スギの花粉の飛散はあまりみられません。ですから、スギ花粉症ではなく、実はこのハンノキ花粉症であるケースが多いです。


詳細はコチラ

↑くしゃみや鼻水が特にひどいという方に「えぞ式すーすー茶」がおすすめ!