緑茶とべにふうき

緑茶

緑茶に含まれているポリフェノールであるカテキンやカフェインは、アレルギー症状を呼び起こすヒスタミンの抑制に効果があるといわれています。

カテキンというのは加えて、とても体内への吸収が早い成分です。粘膜を保護する機能や、体臭予防にも効果を発揮します。

広く健康的な飲み物として重宝されているのが緑茶なのです。だからといって、大量のお茶を1度に飲むことはおすすめしません。

緑茶にはカフェインが含まれておりますから、カフェイン中毒になってしまう恐れがあります。

なので、こまめに、適度な量を飲むように心がけるとよいでしょう。

抗ヒスタミン薬も花粉症の治療としてはポピュラーですが、これは眠くなりやすい、というデメリットも囁かれているところです。

しかし、緑茶であれば過剰に摂取しなければこのようなデメリットはありませんから安心して飲むことができると思います。

緑茶は飲むだけではなく、料理にアレンジとして加えても同様の効果を期待できます。

つまり、茶葉で料理をアレンジしたり、抹茶を隠し味に使ったりすることなどによってです。

このような花粉症予防に効果的な緑茶ですが、花粉の飛散時期だけで飲むのでは効果は半減してしまいます。

ですので、毎年花粉症になる方は、ふだんから緑茶を飲むようにしておくとよいでしょう。

べにふうき

緑茶のなかでも特に花粉症予防にいい、と人気を集めている品種があります。それがこの「べにふうき」です。

べにふうきは栽培しているところがとても少なく、希少価値の高い品種になっています。

べにふうきは緑茶のなかでも渋味があるため、少し大人の飲み物といえるかもしれません。

なぜこのべにふうきが特に花粉症予防にいい、と言われているかというと、これにはメチル化カテキンという有効成分が含まれているためです。

このメチル化カテキンは、花粉だけでなくいろいろなアレルゲンに対して効果を発揮します。

強い抗アレルギーの作用が認められているので、アレルギー疾患をもっている方に広くおすすめできる飲み物だと言えます。


詳細はコチラ

↑くしゃみや鼻水が特にひどいという方に「えぞ式すーすー茶」がおすすめ!