夏と秋の花粉の種類

イネ科植物

夏の花粉といえば、イネ科の植物の花粉ということになってきます。

イネ科の花粉は、スギ花粉と立ち代わりで飛散し始めます。

つまり、スギ花粉が飛散しなくなる5月あたりから飛散し始めることになります。

そして7月頃まで飛散し続けることになります。東北や北海道では8月まで飛散します。

さらにイネ科の植物のなかで長いものだと10月まで花粉を飛散させるものもあるのです。

イネ科の植物の代表的なものといえば、オオアワガエリやカモガヤです。

これらの飛散時期は5~7月ですが、本州ではちょうど梅雨の時期にあたります。この頃は比較的湿度が高い日が多く、花粉が飛散しにくい気候になっています。

そのため、本州などではイネ科花粉症の人は少ない傾向にあります。イネ科花粉症が多いのは、北海道の人だということです。

イネ科植物の花粉の特徴として、その飛散距離が短いことが挙げられます。せいぜい数キロ程度しか飛散することはありません。

ですので、この時期に花粉症の症状が起こる、と思っている方は、近くにイネ科植物があるか調べてみてください。

もしもないようなら、花粉症の症状だと感じていたのは誤りで、実は他のアレルギー症状、すなわちダニやハウスダストが原因であったかもしれません。

ブタクサ花粉

秋の花粉症といえば、やはりブタクサが有名です。ブタクサ花粉症は、日本で初めて報告された花粉症です。

スギ花粉が出現する前は、花粉症=ブタクサの等式が成り立っていたほどです。

ブタクサ花粉の飛散は8月頃から始まり、10月まで続きます。

ヨモギ花粉

ブタクサについで有名な秋の花粉といえば、ヨモギ花粉です。

ヨモギは食品や薬草や美容などに用いられる汎用性の高い植物です。

ただ、その繁殖力の高さから、今ではヨモギ花粉がかなり増加しています。

食べてもおいしく、止血など身体の傷を癒してくれるヨモギですが、その花粉には注意を払わなければなりません。

飛散時期はブタクサと同じく8~10月となっています。


詳細はコチラ

↑くしゃみや鼻水が特にひどいという方に「えぞ式すーすー茶」がおすすめ!