花粉症になるメカニズム

花粉症とは

花粉症、という言葉は広く認知されている言葉です。

しかし、この花粉症とは具体的にはなんなのでしょうか。

花粉症というのはつまり、1つのアレルギー症状だと考えられています。

スギ花粉などに代表される花粉が鼻や口から吸い込まれると、花粉からアレルゲンが溶けてきます。

アレルゲンとは花粉症のアレルギー症状を引き起こす大元の抗原のことです。

そして抗原と戦うために、体内では抗体がつくられる仕組みとなっています。

この抗体が抗原と戦う際に、ヒスタミンと呼ばれる物質を放出します。

これが炎症を引き起こし、強いアレルギー反応となって現れるのです。

この抗原というのは、かつては花粉の中枢にあると考えられてきました。それが体内で露出するものだと見られていたのです。

しかし、最近の研究によって、そのアレルゲンたる物質は、実は花粉の表面にこそ多いと発見されています。

花粉症はあくまでアレルギー

花粉症というのはあくまでアレルギー症状です。

つまり、アレルギーというのは身体によくない物質が入ったときに、それを取り入れまいとする反応が強い場合を言います。

このよくない物質というのが、花粉症の場合はスギなどの花粉だというわけです。

ですから、花粉がつきやすい鼻や口、目といった粘膜からそれぞれ、鼻水やくしゃみや涙が出るのです。

これが花粉を取り入れまいとする人体の過剰な防御機能、すなわちアレルギー反応です。

このアレルギー反応は、当然、抗原たる花粉と戦う抗体がなければ起こりえません。

花粉症の場合、この抗体はIgE抗体と呼ばれています。

なので、このIgE抗体が少なければ、それだけアレルギー症状も出にくい、ということになります。これは人によって様々です。

IgE抗体がきわめて多い人というのもいます。これがよく言われるアレルギー体質な人だということになります。

IgE抗体が多いと、花粉症にかかりやすいだけではなく、他のアレルギー性の鼻炎などにもかかりやすいという特徴があります。


詳細はコチラ

↑くしゃみや鼻水が特にひどいという方に「えぞ式すーすー茶」がおすすめ!