レーザーによる治療

レーザー

最近、花粉症治療のなかでも最も注目を集めているのが、このレーザー治療だといえます。

レーザー治療とはどういうものかというと、つまりレーザー光線によって鼻の粘膜を薄く燃焼させます。

それによって、花粉が鼻に侵入しても、過剰な反応をさせないようにするのです。

そうすることで、花粉症の代表的な症状である鼻水、鼻づまりといったものを緩和することができるのです。

レーザー光線の照射は、1つの鼻腔につき10分程度で終了します。

痛みや熱や血が出たり、などもありませんから、そこは安心して治療に望むことができます。

ただ、鼻の中はレーザー光線によって焼かれていますから、粘膜がかさぶたのようになります。

そこで一時、鼻づまりの感覚が増すことになるかもしれません。

しかし、2週間が経過したあたりから、それまでとは違う鼻粘膜が形成されます。これは花粉が鼻腔に侵入しても、過剰に反応しない鼻粘膜です。

ですから、それまでのようなアレルギー症状を出現させずにすむのです。

レーザー治療の注意点

レーザー照射は1つの手術ですが、入院をする必要はありません。治療後すぐに帰宅することができます。

さらに副作用の心配をする必要もほぼありません。ただし、2週間に1回のペースで通院してレーザー治療を行なったほうが、効果は上がりやすいようです。

症状が発症する前にレーザー治療をしたほうが結果がでやすいです。花粉の飛散が始まり、症状が出てからだと、効果がでにくくなります。

さらに手術自体ができなくなる場合もありますから注意が必要です。

また、レーザー治療というのは、鼻の粘膜に対して、ピンポイントで行うものです。

ですので、花粉症の根本的な治療法というわけではありません。あくまで鼻に関する症状を緩和させることを目的としているものです。

さらに1度効果が現れても、半年ほど経過すると、また花粉に過敏な鼻粘膜が再生してしまいます。

そうなったら、再びレーザー治療を受けにいかなければなりません。


詳細はコチラ

↑くしゃみや鼻水が特にひどいという方に「えぞ式すーすー茶」がおすすめ!