花粉症の目のかゆみ

目のかゆみ

花粉症の症状を代表するものに、目のかゆみがあります。この目のかゆみというのは、アレルギー疾患に特有の症状です。

つまり、風邪にはない症状と言えますから、この症状が現れたらまず花粉症を疑う根拠となりえます。

目のかゆみとは具体的にいうと、目のまわりのかゆみ、まぶたのはれ、結膜のはれに分けられます。

かゆみや痛み、また涙が止まらなくなる厄介な症状です。これが飛散時期を経過するまで続きます。

まぶたは防衛機能として腫れることによって、外からのさらなる異物の侵入を防ぐ、という意味合いもあるのです。

結膜は基本的に、涙などから分泌される成分によっていつも濡れています。これは角膜を保護したり、眼球の動きをスムーズにするためです。

ただし、濡れているからこそ、花粉が付着しやすい場所でもあります。免疫反応が起こりやすい場所とも言えるでしょう。

目がかゆくなり、こするという一連の行為は、身体の異物を排出しようとする防衛機能のしわざです。

しかし、目をこすると異物が取り除かれるのではなく、単に角膜や結膜を傷つけることになってしまいます。

そのため、極力かゆくてもこすらないようにすることが大切です。

花粉症と他のアレルギー症状

目のかゆみは風邪では起こらないと述べました。

しかし、他のアレルギー症状としての目のかゆみは考えられます。

たとえば、目がかゆい、まぶたのはれ、目の充血、などというのは花粉症の典型的な症状です。

しかし、目にかゆみはあるが、片方の目だけ。目のかゆみはあるが、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状はない。

このような場合には、花粉症ではない可能性が高いです。

ダニやハウスダストが原因のアレルギー症状であったり、急性アレルギー性結膜炎であったり、コンタクトの使用が原因であったりします。

単に異物が目に入っている可能性もありますから、すぐに花粉症だと判断をせず、眼科に相談に行くことが重要になってきます。


詳細はコチラ

↑くしゃみや鼻水が特にひどいという方に「えぞ式すーすー茶」がおすすめ!