花粉症と環境

環境が花粉症の原因

花粉症の原因として、よく現代の生活環境が挙げられます。

サッシ窓のなかった時代には、気密性というものはあまりありませんでした。

しかし、今ではサッシ窓が当たり前になり、非常に昔に比べて機密性が優れています。

さらに、どの家にもエアコンの存在がまた当たり前になり、空気の温度も一年中一定に保たれています。

その機密性が高く、温度も一定という環境は、ダニであったりカビ、それにハウスダストといったアレルゲンが増える要因になっています。

このようなダニなどにアレルギー症状をもつ人の多くは同時に、花粉症にもかかりやすいです。

都市部のほうが花粉症にかかりやすい

地方よりも都市のほうに、花粉症にかかっている方は多いです。

これはなぜなのでしょうか。

それは大気汚染、あるいは仕事でのストレス、また広く生活環境にあると言われています。

たとえば、完全に舗装された道路です。花粉というのは、飛散しても地面が土であればやがて舞い降りて吸収されていきます。

しかし、辺り一面がアスファルトでは吸収されることはありません。

いったん落ちても、また風で舞い上がり、慢性的に飛散し続けることになるのです。

不規則な生活習慣というのも大敵です。睡眠がおろそかになっていたりすると、身体の免疫機能が低下してしまいます。

免疫機能の異常がすなわちアレルギー疾患として現れるのです。

ですから、不規則な生活習慣というのはそのまま花粉症のかかりやすさに直結します。

ストレスのためすぎもよくはありません。ストレスがたまるとまた、花粉症などのアレルギー疾患が現れやすくなります。

適度なリフレッシュを与えていかないと、花粉症を悪化させてしまうことになります。

都市部においてはこのような生活環境や生活習慣、ストレスなどという問題をかかえている方が多いということができます。

そのために、花粉症になっている方も多いと考えられているのです。

やはり、少しずつこれらの改善に目を向けていくことが、花粉症の根本的な予防としては効果的だと言えます。


詳細はコチラ

↑くしゃみや鼻水が特にひどいという方に「えぞ式すーすー茶」がおすすめ!