じゃばらと凍頂ウーロン茶

じゃばら

今、花粉症対策に効果的だとして、最も注目されている食品があります。それが「じゃばら」です。

テレビで紹介されたのが人気に火がつくきっかけでした。生産地が限定されているため、よけいに人気が爆発したのです。

じゃばらとは、和歌山県北山村でのみ生産している果実のことです。邪気をはらう、といったところからこの名前がつけられたそうです。

北山村では正月に使われる果物として知られています。幻の果実、ともいわれ、全国的な人気を獲得しています。

柚子でもミカンでもない、縁起のいい果物がじゃばらなのです。じゃばらは11月末から毎年収穫されます。

柚子も果汁が豊富で香りがよいですが、じゃばらはさらに果汁が多く、独特の香りがします。

じゃばらにはビタミン、カロチンなどが豊富に含まれているため、花粉症予防に極めて効果的だといわれているのです。

和歌山県北山村のわずかな農家でしか作っていないため、その希少価値は相当なものになっています。

また、果汁よりも果皮のほうに、何倍ものフラボノイドが含まれていることも、じゃばらの特徴だといっていいでしょう。

じゃばらの花粉症に対する効果については、モニター調査が行われたこともあります。

そこでは半分以上の方が、花粉症に対する確かな効果を実感したようです。

凍頂ウーロン茶

この凍頂ウーロン茶も、花粉症に効果的だといわれています。

凍頂ウーロン茶とは何かというと、台湾の凍頂山で収穫されるウーロン茶です。

台湾では知らない人はいないウーロン茶となっています。

香りがまるで花のようで、味はきわめて深みがあるということです。

深緑の茶葉とその質の高さが人気を集め、今では世界的にも有名なウーロン茶となっています。

凍頂ウーロン茶にはメチル化カテキンという成分が含まれています。これがアレルギー症状の抑制に効果的に働きます。

即効性もあると言われているので、花粉症対策には最適な飲み物だといえます。

メディアでも取り上げられていて、人気が上がり続けています。


詳細はコチラ

↑くしゃみや鼻水が特にひどいという方に「えぞ式すーすー茶」がおすすめ!