花粉症とIgE抗体

IgE抗体とは

花粉症を紐解いていくうえで、無視できないのがこの「IgE抗体」です。

花粉症というのは、花粉である抗原、いわゆるアレルゲンに対する過剰な防衛反応によって引き起こされます。

この防衛反応を行う際に身体のなかで生成されるのが、このIgE抗体だというわけです。

人体のなかへスギなどの花粉が侵入するたび、それと戦うためにIgE抗体が蓄積されていきます。

このIgE抗体の蓄積量が一定以上に達すると、花粉症が発症すると言われています。

ですから、たとえ今、花粉症ではない方でも将来的に安心かというと、そうではないわけです。

将来、IgE抗体の蓄積が一定以上に達すれば、その後の防衛反応として花粉に触れたとき、ついに花粉症を発症する、ということが考えられます。

寄生虫がいなくなった

寄生虫がいなくなった、というのはやや誇大表現ですが、そう表現してもいいくらい、寄生虫の数が昔に比べて格段に減少しています。

それは、生活環境や食品の衛生管理が整備されて、昔より寄生虫の入り込む余地が少なくなっているためです。

そのために、人体に入り込んでくる寄生虫も減っています。

そして本来、この寄生虫と戦うために体内で生成される抗体が、IgE抗体だったのです。

ですが、戦うべき相手を失った現在、その相手が花粉へと変貌を遂げています。

このような変遷から鑑みても、花粉症があまりに強烈に発症することが納得できると思います。

IgE抗体発生の流れ

まずは花粉が鼻や口から体内に侵入します。マクロファージが抗原が侵入してきたことを感知します。

抗体産生リンパ球にマクロファージから抗原の侵入が伝えられます。

抗体産生リンパ球が抗体を産生します。

抗体産生を抑えるリンパ球の働きが弱まります。

細胞の表面にIgE抗体が蓄積されます。

再度花粉が侵入すると、その花粉とIgE抗体が反応し、花粉症を発症させます。

このような流れでIgE抗体というものは産生され、くしゃみや鼻水などのアレルギー疾患を引き起こしてしまうのです。


詳細はコチラ

↑くしゃみや鼻水が特にひどいという方に「えぞ式すーすー茶」がおすすめ!