花粉症は遺伝するのか?

花粉症は親から受け継がれるのか

花粉症というのは、親から遺伝してしまうものなのか。この疑問は、多くの方が抱くことだと思います。

答えは、イエスです。

花粉症というのはアレルギー疾患です。アレルギー疾患というのは、花粉症に限らず遺伝するものであると言われています。

たとえばスギに対する花粉症の親がいたとします。すると、子どももスギ花粉症になる、ということがよくあります。

さらに、魚や卵やそばなど、特定の食べ物に対するアレルギーもそのまま遺伝されやすいです。

絶対遺伝するわけではない

花粉症を始めとするアレルギー疾患は親から子へ遺伝するものです。

しかし、だからといって絶対に遺伝するか、というとそうではありません。

ですから、親がスギ花粉症だったとしても、子どもは花粉症にはならない場合もあるのです。

卵アレルギーや魚アレルギーを親が持っていた場合、卵アレルギーだけを受け継いで、魚アレルギーは子どもは持っていない場合もあります。

このように、遺伝というは1=1、2=2、という関係ではなく、あくまで遺伝の可能性にすぎないというわけです。

両親がともに同じ遺伝子をもっている場合

両親がともにスギ花粉症などという場合もあります。

この場合には、当然、子どももスギ花粉症を発症するリスクが高まります。

さらに、相乗効果でさらに強いアレルギー疾患が現れる場合も少なくありません。

たとえば、スギ花粉症ではなく、喘息やアトピーになってしまう場合もあるのです。

母親がアレルギー体質

一般的に、父親よりも母親がアレルギー体質のほうが、子どもに遺伝しやすいとされています。

ですから、母親がスギ花粉症であったりすると、高確率で子どももスギ花粉症となる場合が多いのです。

このように、アレルギーというのは一筋縄ではいかない問題です。

親のアレルギー体質が必ずしも遺伝するか、というとそうではないですし、遺伝したとしてもまったく別のアレルギー疾患を発症する可能性もあるのです。


詳細はコチラ

↑くしゃみや鼻水が特にひどいという方に「えぞ式すーすー茶」がおすすめ!