春の花粉の種類

スギ花粉

春の花粉症といえば、真っ先に浮かぶのがスギ花粉症だと思います。これが日本を代表する最も有名な花粉症です。

ただ、春の花粉症というにはあまりに長い間飛散するものであるかもしれません。

つまり、九州地方では2月上旬から、関東では2月下旬から、東北でも3月から飛散が始まります。そして、5月の末まで飛散は続きます。

スギ花粉症の方はこの間中ずっと苦しむわけですから、相当に長引く花粉症であると言えます。

ヒノキ花粉

スギ花粉の次に飛散する花粉といえばヒノキ花粉です。この飛散時期は3~5月となっています。

そしてヒノキ花粉症患者の半数以上が、同時にスギ花粉症であるのが厄介なところです。

ハンノキ花粉

また、北海道での春の花粉症はちょっと様相が異なってきます。

つまり、北海道ではスギ花粉があまり飛散しないためです。代わりに、ハンノキ花粉が春の代表的な花粉だと言えるでしょう。

ハンノキ花粉の飛散時期は、本州では1月からですが、北海道では3~5月となっています。

シラカバ花粉

ハンノキ花粉についで北海道で猛威をふるう花粉といえば、有名なシラカバ花粉です。

北海道で最も代表的な花粉と言ってもいいと思います。飛散時期は4~6月になっています。

また、ハンノキ花粉症、シラカバ花粉症の人の両者に共通していえるのが、同時に食物アレルギー症状を引き起こす危険があるという点です。

これは果物過敏症と言われているので、注意を喚起する声が上がっています。

まとめ

花粉症、といえば、やはりスギ花粉のイメージも手伝ってか、即座に春をイメージする方が多いです。

それは確かに間違ってはおりません。花粉症の原因植物も強力なものが春に集まっているのも事実なのです。

ですから、最も花粉症対策に力を入れる季節が春ということができるでしょう。

ちなみに、花粉の飛散時期というのはその年ごとに前後するものです。

これは毎年、自分でニュースを観るなどして調べておく必要があります。

不意打ちで原因植物の花粉が飛散し始める可能性がありますから、注意をするのを忘れないようにしましょう。


詳細はコチラ

↑くしゃみや鼻水が特にひどいという方に「えぞ式すーすー茶」がおすすめ!