減感作療法による治療

減感作療法

減感作療法というのを耳慣れない方も多いと思います。

そこで、今回は減感作療法という花粉症治療について、解説していきます。

減感作療法とはつまり、アレルゲンに身体を慣れさせる治療法です。

すなわち、スギ花粉を始めとするアレルゲンを長い期間にわたって身体に注入していきます。

そうすることによって、アレルゲンに過敏に反応しない身体をつくることを目指すのです。

減感作療法というのは極めて根気が必要な治療法です。1年以上病院に通い、月に数回、注射を打たなければならないためです。

さらに、どこの病院でも受けられるわけではありません。減感作療法を行える病院というのは限られています。

近隣にない場合は、遠方まで通わなければならず、実際、花粉症治療でこの減感作療法を用いている人の数はかなり少ないです。

そのため会社員や学生の方など、なかなか通院する人が難しい人もいます。

さらに子どもは何度も注射を受けることを嫌がるものです。なので厳しい面があることは確かです。

しかし、もし根気よく続けて減感作療法による治療に成功すれば、もう薬に頼らない生活を実現することができます。

根気はいりますが、根本的な解決ができるという点で、確かに注目されているのがこの減感作療法です。

スリット減感作療法

減感作療法の難点は、長期にわたって月に数回、注射を受け続けなければならないことです。

この面倒くささから、途中で断念する人も多かったのです。

これを解決するためのものとして、スリット減感作療法というものがあります。

スリット減感作療法は、病院に通う必要がありません。というのも、抗原から抽出した抗原エキスを口に数分間、含むだけの治療になるからです。

これならわざわざ注射を受けに毎回、病院へ通わなくてすみます。処方された抗原たる花粉エキスを口に含むだけでいいのです。

注射を使用する減感作療法では副作用の問題もなくはありませんでした。

しかし、このスリット減感作療法ならそのリスクも最小限に抑えることができます。


詳細はコチラ

↑くしゃみや鼻水が特にひどいという方に「えぞ式すーすー茶」がおすすめ!