花粉症の主要な原因

代表的な植物

花粉症の原因たる花粉を放出する植物たち。

その代表的なものを挙げるとするならば、スギ、ヨモギ、シラカバ、ブタクサ、ヒノキなどです。

しかしなかでも代表格なのはスギでしょう。

スギ花粉によって花粉症になっている方が全体の8割以上を占めているのです。

さらに、あくまでこれらは花粉症の代表的な植物であって、原因植物を列挙すると50種類以上にも及ぶと言われています。

日本では年中花粉が飛散

日本というのは縦に長い島国です。そのため、南から北にかけてたくさんの種類の植物が生息しています。

それぞれの植物の花粉の飛散時期も異なるのです。

ですから春先だけ花粉が飛散するわけではなく、夏にも秋にも年中花粉が飛散していることになります。

たとえば春先といえば本州ではスギ花粉が全盛の頃です。しかし、北海道ではスギ花粉の飛散はありません。

でもだからといって安心はできないのです。北海道ではシラカバが飛散時期になっているためです。

このように、全国的に原因植物が変わったり、同じ植物でも飛散時期が異なったりして、隙間なく花粉が飛散していることになります。

春先のスギ花粉を抜けても、夏はイネ科の花粉が飛散しますし、秋になればブタクサの出番だというわけです。

花粉症の対策を考えていくうえで重要なのは、自分の花粉症の原因となっている植物を知ることです。

そして、その植物の花粉の飛散時期に合わせた対策というのが有効になってきます。

特定の原因植物に対するIgE抗体の蓄積量が一定以上に達していることが、花粉症の原因となっているためです。

その植物に対する花粉さえケアできれば、花粉症を抑えることが可能なのです。

アレルゲンとしての花粉

花粉の抗原としての猛威は、何も花粉の飛散量だけで決定づけられるわけではないです。

都会では大気汚染物質が溢れています。

この大気汚染物質と花粉が合わさると、アレルゲンとしてのレベルもさらに脅威になると言われているのです。


詳細はコチラ

↑くしゃみや鼻水が特にひどいという方に「えぞ式すーすー茶」がおすすめ!